2019年10月30日

伸銅品生産 10カ月連続減

日本伸銅協会が29日発表した9月の生産速報によると、総生産量は前年同月比8%減の6万1930トンと10カ月連続のマイナスだった。銅条、黄銅条、青銅板条、銅管、黄銅棒と主要品種がいずれも減少。中国経済の減速などを背景に半導体や設備関連の伸銅品需要が低迷を続けており、一部で底打ち感はみられるものの、本格的な復調の兆しはまだ見えてこない。

おすすめ記事(一部広告含む)