2019年11月5日

フジクラ ASEAN電線拠点閉鎖

 フジクラの伊藤雅彦社長は31日の中間決算会見で東南アジア諸国連合(ASEAN)のケーブル生産拠点の閉鎖を決定したと明らかにした。市場環境の悪化に加え、建屋や設備などが老朽化しており、新たな投資ができる状況にないと判断した。今後、海外戦略としては得意とする車載向けフレキシブルプリント配線板(FPC)事業などで拡大を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)