2019年11月27日

アーレスティ 車減販で「全体感厳しい」

アーレスティの2019年4―9月期決算は減収となった。国内外の自動車販売減少や、アルミ地金市況の下落などが響いた。主力のダイカスト事業では、日米が主要取引先の販売減、アジアではマーケットの影響などにより、すべての地域で売上高が減少した。今後については、地域によって差は出てきそうだが「全体感としては厳しい」(高橋新社長)ことが見込まれる。

おすすめ記事(一部広告含む)