2019年12月27日

鉛地金 6年ぶりの輸出超過

財務省が26日発表した11月の貿易統計速報によると、鉛地金(合金含む)の輸出が約6年ぶりに輸入を上回った。輸入は前年同月比41・8%減の2575トンに下がった一方、輸出は5・5倍の4258トンに増えた。リサイクル原料を粗精錬した中間原料(粗鉛)が輸出されているのが原因で、輸出量では8年ぶりの高水準だった。

おすすめ記事(一部広告含む)