2020年1月29日

アルミ圧延品出荷 2年連続減

 日本アルミニウム協会が29日に発表した2019暦年のアルミ圧延品(板類・押出類合計)の出荷量は、前年比4・5%減の190万7448トンで2年連続のマイナスだった。板類出荷量は、液晶・半導体装置向けや卸売り・小売り向けが大幅に減少した。08年のリーマン・ショック後で最も低い出荷量となり、2年連続で200万トン割れだった。生産量も4・9%減の190万4921トンで、2年連続のマイナスとなった。

おすすめ記事(一部広告含む)