2020年11月30日

アルミ圧延品出荷 板類15カ月ぶり増加

 日本アルミニウム協会が27日に発表した2020年10月のアルミ圧延品の生産・出荷動向(板・押出合計)は板類の生産・出荷が15カ月ぶりにプラスに転じた。国内の自動車生産台数の回復により、自動車向け出荷が7カ月ぶりの前年同月比増となった。輸出向けは前年の低水準もあり、21カ月ぶりの大幅増。箔出荷は採用車種増加を受けて車載用リチウムイオン電池(LiB)向けが好調だった。

おすすめ記事(一部広告含む)