2020年2月14日

片木アルミ 大山に表面検査機新設

片木アルミニューム製作所(本社=大阪府泉南市、片木威社長)はこのほど、大山工場(鳥取県西伯郡大山町)の塗装ラインに表面検査装置を新設した。アルミ板の疵や打痕などの表面欠陥だけでなく、塗装ムラや変色などの欠陥を検出する。自動化により検査工程を高精度化、均一化する。モノづくり補助金の対象案件で投資額は総額2000万円。

おすすめ記事(一部広告含む)