2020年2月19日

亜鉛消費 09年以来の低水準

 経済産業省が17日発表した非鉄金属等需給動態統計によると、2019暦年の電気銅、電気鉛、亜鉛(電気亜鉛、精留亜鉛、蒸留亜鉛、調合亜鉛)、ニッケル(含有量90%以上のもの)の国内消費量は、いずれも前年に比べて減った。亜鉛はリーマン・ショック直後の09年以来の低水準に沈んだ。銅と鉛は非常な高水準だった18年とほぼ並び、減少ながらも実質高位横ばいとなった。

おすすめ記事(一部広告含む)