2020年2月26日

伸銅品生産、14カ月連続減5.8万トン 1月、板条系の減少幅大

日本伸銅協会が25日発表した1月の生産速報によると、総生産量は前年同月比7・3%減の5万7930トンと14カ月連続で減少した。銅条、黄銅条、青銅板条と板条系の減少幅が大きく、主要品種では黄銅棒もマイナス傾向が続いた。ただ、銅管が微増となるなど全14品目中3品目がプラスとなり、部分的に底打ち感もうかがえた。

おすすめ記事(一部広告含む)