2015年10月28日

伸銅品生産、7カ月連続減、6.3万トン

伸銅品生産、7カ月連続減、6.3万トン
伸銅品生産推移

 日本伸銅協会が27日発表した9月の生産速報によると、総生産量は前年同月比7・7%減の6万3110トンだった。前年割れは7カ月連続となり、9月の生産量としては1977年以来38年ぶりの少なさ。銅条、銅管、黄銅棒など主要品種で軒並み悪化傾向が続いており、あらゆる需要分野向けが振るわない状況が一段と鮮明になった。

おすすめ記事(一部広告含む)