2019年5月30日

伸銅品生産 リン青銅10年ぶり低水準

 伸銅品需要の下振れが鮮明になっている。日本伸銅協会が29日発表した4月の生産速報によると、青銅板条が10年ぶりに2000トンを割り込んだほか、銅条、黄銅条、銅管、黄銅棒などの主要品種も軒並みまとまった減少を見せた。昨年後半からのスマートフォンや半導体関連需要の低迷に加え、ここにきて自動車関連も勢いを失っていることが影響しているとみられる。総生産量は前年同月比7%減の6万4960トンと、5か月連続で減少した。

おすすめ記事(一部広告含む)