2020年3月31日

三菱マテ アルミ「自力で構造改善」

 三菱マテリアルの小野直樹社長は27日夕の投資家向け経営説明会で25日公表の新3カ年中期経営戦略「22中経」を取り上げ、アルミ事業の構造改善について、圧延・押出を主とする三菱アルミニウム(本社=東京都、木村良彦社長)では「(事業)拡大し過ぎたところは縮小しながら、まず自力での構造改善を進める」とし、アルミ缶製造のユニバーサル製缶(本社=東京都、内藤英一社長)では国内市場の成熟を受けて海外戦略の方向性を探る、と述べた。

おすすめ記事(一部広告含む)