2020年7月2日

昭和電工 ハイエンド高純度アルミ箔、国内シェア50%目標

昭和電工のアルミ圧延品事業部は電解コンデンサー用のハイエンド高純度アルミ箔のシェアを2020年中に50%にすることを目指す。より高性能な製品開発を国内で進めており、高付加価値製品の分野で技術力の強みを生かす。産業機械向けなどでさらなる成長が見込まれる中国市場では、25%までシェアを伸ばす方針。昭和電工の掲げる個性派事業戦略のもと高収益事業化を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)