2015年4月7日

昭和電工、中国拠点の増強完了

昭和電工は6日、中国東部の南通市にあるアルミ箔加工拠点の増強工事を終え、今月から新設備での量産を開始したと発表した。今回の工事で同拠点の能力はこれまでの月400トンから1・5倍の600トンに拡大した。自動車の電源関連部品や太陽光発電のパワーコンディショナーなどに搭載されるアルミ電解コンデンサーの世界需要は、新興国の経済発展などを背景に伸びが予想されており、主要材料のアルミ箔も増加が見込める。昭和電工も今回の増強を通じて需要取り込みを図りたい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)