2020年7月13日

アルミ二次合金 5月生産44%減

日本アルミニウム合金協会がこのほど発表した、5月の二次地金と二次合金などの生産量によれば、リーマン・ショック後の2009年2月以来の低水準に落ち込んだ。前年同月比43・7%減の3万5980トンで、前年同月比でのマイナスは17カ月連続となる。出荷量は44・8%減の3万6091トンと、8カ月連続で前年同月を割り込んだ。5月は新型コロナウイルス感染症による自動車メーカーの工場停止や生産調整が相次ぎ、自動車生産の減少率が東日本大震災後の11年4月を上回ったことが響いた。

おすすめ記事(一部広告含む)