2019年10月9日

アルミ二次合金 出荷3カ月連続減

 日本アルミニウム合金協会がこのほど発表した、8月の二次地金と二次合金などの出荷量は前年同月比6・3%減の5万8927トンと、3カ月連続のマイナスだった。板や押出は昨年の落ち込みによる反動増などからプラスとなったが、ダイカストや鋳物の減少が響いた。生産量は4・2%減の5万7406トンと、8カ月連続で前年同月を下回った。自動車の国内生産台数が2カ月ぶりのマイナスとなったことが響いた。

おすすめ記事(一部広告含む)