2020年7月29日

COMEX金が史上最高値更新 8年11カ月ぶり

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金相場は、約8年11カ月ぶりに史上最高値を更新した。中心限月の8月限は前週末比オンス33・50ドル高の1931・00ドルと、7営業日続伸している。各国の大規模な金融緩和による金余りのお金が、上場投資信託(ETF)などを通じ金市場に流入し金価格を押し上げる。新型コロナウイルス感染再拡大による景気先行き懸念がくすぶる中、米中対立激化への警戒や通貨ドルの下落も金価格の上昇を後押しする。

おすすめ記事(一部広告含む)