2022年2月21日

NY金1900ドル回復 8カ月ぶり

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金相場は、8カ月ぶりにトロイオンス1900ドル台を回復した。インフレ懸念やウクライナ情勢を巡る警戒感とともに、金が買われている。昨年から続いた1800ドル中心のレンジを上に抜けるなど、テクニカル面の改善も見られる。足元で強く意識される地政学的リスクがくすぶる中では、金は底堅く推移しそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)