2020年8月12日

東邦チタ スポンジ肩代わり、タイメットと交渉

 東邦チタニウムは米チタン大手のタイメットと、スポンジチタンの長期売買契約における販売増加の交渉をしている。タイメットのスポンジチタン生産撤退を受け、価格や数量などの交渉を進めているもよう。輸出向けが増加すれば同社の設備稼働率の向上が見込まれる。スポンジチタン生産における固定費が縮小し、収益性の改善が見込めそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)