2021年5月24日

東邦チタ 売上高、初の500億円台へ

 東邦チタニウムは22年3月期通期の売上高を前期比43%増の518億円と予想する。500億円台は初めて。米国向け長期売買契約による販売増が売り上げを引き上げるとした。20年度の国内スポンジチタン生産の稼働率は65%程度だったが、徐々に引き上げ80%程度を計画する。今年度より稼働を開始した若松工場のニッケル粉第4工場(北九州市)も化学品事業の増収増益に貢献する見込み。

おすすめ記事(一部広告含む)