2020年9月8日

溶融亜鉛めっき 加工賃めぐり攻防

溶融亜鉛めっきで加工賃(ロールマージン)を巡る攻防が始まっている。新型コロナウイルスの影響による工事遅延や新規案件の減少により、生産量は前年同期比2桁ダウン。主原料の亜鉛価格がじわじわと上昇する中、値下げ要求は強まっており、跳ね返す需要の後押しがない。地区やめっきサイズによっては加工賃に差が生じる可能性もありそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)