2017年10月27日

溶融亜鉛めっき、年内値上げに本腰

 溶融亜鉛めっきメーカーが加工賃(ロールマージン)値上げに向け、準備に本腰を入れている。亜鉛建値の10月平均トン40万円台の「歴史的」高値が確定。今秋からめっき生産も上向いており、年明けを待たず、複数の大手メーカーが年内の実施を目指す構えだ。春先に値上げが見送られた小物めっきの客先では、先行して価格転嫁が進んでいる事例もあるようだ。
おすすめ記事(一部広告含む)