2020年9月11日

寧波金田銅業 銅荒引線115万トンへ

中国の銅加工大手の寧波金田銅業グループは2021年中頃をめどに、銅荒引線の生産能力を年間65万トンから115万トンに拡大する。中国の広東省と重慶市に生産拠点を新設。広東拠点は35万トン、重慶拠点は15万トンの銅荒引線の生産拠点とする。この増産分は、グループ会社で巻線の製造を担う金田新材料や中国の電線メーカー向けに供給する見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)