2020年10月7日

JX金属 カセロネスにAI・IoT導入

JX金属はチリのカセロネス銅鉱山で自動化やAI(人工知能)・IoT(モノのインターネット)の技術を取り込み、操業効率を高める。磨鉱工程や浮遊選鉱(浮選)工程に自動制御、予兆診断、画像解析の技術を順次導入中。中期的には山元の中央管理室を都市部に移す遠隔操業まで目指す。生産量の最大化と省コストを図り、次期鉱山開発への技術応用も視野に置く。

おすすめ記事(一部広告含む)