2018年4月12日

大同プラント工業、炉の故障予知で実証実験

 大同特殊鋼グループの工業炉メーカー、大同プラント工業(本社=名古屋市南区、山本孝幸社長)はこのほど、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)を用い、工業炉の故障トラブルを予知する「リモートメンテナンス」の実証実験を開始した。2019年度での本格運用を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)