2020年11月30日

アルミ二次合金 中国産対日オファー急騰

 中国産アルミ二次合金の対日オファー価格(CIF)が騰勢を強めている。足元はトン2100―2120ドルと月初の水準から200ドル急騰した。高騰の背景には、現地の原料不足や米国産スクラップ価格の上昇をはじめ、海運の問題で日本の一部ユーザーで調達計画に遅れが生じ、穴埋めのために中国産などを積極的に購買している点がある。

おすすめ記事(一部広告含む)