2020年12月3日

アルミ二次合金11月積み 8―12円上げ決着

 アルミ二次合金メーカーとダイカストメーカーなどの需要家筋との間で行われていた11月積み小口向けアルミ二次合金価格交渉(単月、後決め)は、前月比キロ8―12円の値上げで決着したもよう。輸入塊不足が深刻化し国内塊に人気が集中。需給がタイト化したことなどが値上げの要因となった。

おすすめ記事(一部広告含む)