2021年3月30日

脱炭素社会へー切り開く未来ー非鉄編(1) リサイクル  アルミ二次合金・地金 資源・環境保全に貢献 再生原料使用自体が付加価値

脱炭素化の流れを受け、アルミニウムリサイクルの魅力が改めて見直されそうだ。アルミ二次合金・二次地金の生産にかかる二酸化炭素(CO2)の負荷は、アルミ新地金の製造に比べ約30分の1にとどまるなど、そもそもCO2排出量の少ない産業であるためだ。再利用するアルミスクラップが原料であることから、資源保全や環境保全にも大きく貢献している。

おすすめ記事(一部広告含む)