2021年6月30日

ニッケル相場が堅調 中期的には1.7万ドル台

国際ニッケル相場が堅調に推移している。現地28日のロンドン金属取引所の現物セツルメントは前日比253ドル安のトン1万8358ドル。5営業日ぶりに反落したものの、27日は1万8611ドルと約4カ月ぶりの高値を付けた。主用途のステンレス向けが好調で目先は1万8000ドル台を維持し強含みで推移しそう。中期的にはニッケル銑鉄(NPI)生産の増加で需給が緩み1万7000ドル台に落ち着く可能性がある。

おすすめ記事(一部広告含む)