2021年7月28日

アルミ圧延品 1―6月生産・出荷4年ぶり増

 アルミ圧延品は幅広い分野で需要回復が進んだ半年となった。日本アルミニウム協会が28日に発表した1―6月期のアルミ圧延品の生産・出荷(板・押出合計)は4年ぶりにプラスに転じた。自動車向けは板・押出ともに自動車生産の回復やアルミ材の採用増などで大幅に増加。特に自動車向け板は2019年同期を超えて過去最高の出荷量となった。箔は生産・出荷とも3年ぶりに前年を上回った。リチウムイオン電池(LiB)向けが19年の統計開始以来初めてコンデンサー向けを上回った。

おすすめ記事(一部広告含む)