2020年9月30日

アルミ圧延品 出荷・生産13カ月連続減

日本アルミニウム協会が28日に発表した8月のアルミ圧延品の生産・出荷動向(板・押出合計)は出荷・生産ともに2009年2月に次ぐ低さとなった。コロナ禍に加え、稼働日数の少なさによるものとみられる。前年同月では生産・出荷とも13カ月連続のマイナスだが、自動車など主要分野は6月以降減少幅が小さくなっている。板は電子通信装置向けや箔地、箔では、リチウムイオン電池(LiB)向けが好調を維持している。

おすすめ記事(一部広告含む)