2021年10月25日

金属用3D、銅コイルで実用化進む

 金属用3Dプリンター(積層造形)市場で銅合金製品の開発が活発化している。レーザー反射率が高いため、非鉄ではチタンやアルミに比べて遅れをとっていたが、高周波焼き入れ用の銅コイルで実用化が進んできた。今後は複雑な形状のヒートシンクや鋳物などへの用途拡大にも期待がかかりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)