2021年11月10日

三井金属 上期経常益2.7倍

三井金属が9日に発表した2022年3月期第2四半期決算は、売上高が前年同期比35・9%増の3052億7100万円、経常利益は同2・7倍の375億7700万円だった。非鉄金属相場の上昇や為替相場の円安が収益を押し上げた。銅箔など第5世代通信規格(5G)関連製品の需要が堅調だったことも増収増益を支えた。通期予想は売上高と経常利益は据え置きだが、当期純利益は従来予想より20億円上振れし、390億円とした。期末配当は前回発表より一株当たり15円多い100円とする。

おすすめ記事(一部広告含む)