2019年10月31日

愛知製鋼、4―9月経常益2.6%増 通期利益を上方修正

愛知製鋼が31日発表した4―9月期連結決算は、売上高が前年同期比0・9%増の1247億9900万円、営業利益は同6・7%増の59億6300万円、経常利益は同2・6%増の60億1400万円、純利益は同6・4%増の39億4300万円と利益が増えた。鍛造品の販売数量減、減価償却費・経費の増加、購入鋳片・副資材・エネルギー価格の値上がりなどがあったものの、鋼材販売価格の上昇や、従来を大きく上回る収益改善活動効果(営業利益で前年同期比23億円プラス)、さらに鉄スクラップ価格の値下がりもあって増益につながった。中間配当は60円を継続。

おすすめ記事(一部広告含む)