2021年11月18日

OCC 光海底ケーブル生産能力2割増強

 光海底ケーブルメーカーのOCC(本社=横浜市西区、伊藤友一社長)は、2023年度までに数十億円をかけて光海底ケーブルの生産能力を現行比で2割増強する。海底システム事業所(北九州市若松区)の生産ラインの強化をはじめ、製品を備蓄するためのタンクを増設し、複数の案件を並行して行える体制を整える。第5世代移動通信システム(5G)やデータセンタービジネスの進展に伴い拡大が見込まれる光海底ケーブルの需要に対応する。

おすすめ記事(一部広告含む)