2021年11月30日

古河電工PS 銅テルミット溶接ボンドを提案

 古河電気工業の100%子会社の古河電工パワーシステムズ(本社=横浜市青葉区、大野和哉社長)は、銅テルミット溶接用送着強化ボンドを鉄道事業者に提案する。レール同士を電気的に接続するもので、ボンド端子部の材質と厚みを改良し疲労強度を向上した。従来の低温ろう付け式に比べ、簡単に作業できる点や長期信頼性をピーアールし、人手不足が問題となっている鉄道インフラ市場を捕捉する。

おすすめ記事(一部広告含む)