2022年2月8日

中小電線流通 収益改善へ製品値上げ

一部の中小電線流通が製品の値上げを進めている。原材料の銅相場や副資材の高騰に伴い、メーカーが相次ぎ製品値上げを打ち出しているためだ。足元の銅価格はトン120万円付近と過去最高値圏で推移。月平均60万―70万円台だった2019年から2倍近い水準で高止まりする。しかし中小電線流通は価格転嫁が遅れているため、製品価格の見直しを図り収益改善を急ぐ。





おすすめ記事(一部広告含む)