2022年3月2日

東北大・東芝 レアアース半分で磁石

東北大学と東芝はこのほど、ネオジムボンド磁石と同等の磁力を有するサマリウム鉄系ボンド磁石を、希土類(レアアース)であるサマリウムの含有量を約半分に削減して開発したと発表した。磁石の主成分を、現在主流のネオジムから余剰が見込まれるサマリウムに変更。ネオジムよりも比較的安価なサマリウムを活用し、資源リスクを回避する。同技術により、需要拡大が見込まれる車載用モーターなどを向け先とする高性能磁石が、安価かつ継続的に生産できるようになると期待される。

おすすめ記事(一部広告含む)