2022年3月8日

非鉄スクラップ 発生薄が慢性化

非鉄金属スクラップの発生薄が慢性化している。自動車の減産で発生工場の操業が上向かない。相場上昇で利益の出ている鉄スクラップ業者からの売り込みも低迷しているもようだ。ウクライナ危機の影響を指摘する声もある。電力コストの上昇による非鉄金属の減産懸念からさらなる相場上昇を見込み、手持ち在庫を抱える業者が売り惜しみしているという。海外系ヤードの高値集荷も市中の品薄に拍車をかけており、年度末の発生増加は不透明な状況だ。





おすすめ記事(一部広告含む)