2022年3月10日

LMEニッケル取引を停止 一時10万ドル台まで暴騰

ロンドン金属取引所(LME)が8日、ニッケルの取引を停止した。売り方のスクイーズ(玉締め)により流動性がなくなり、一時前日比倍以上となるトン10万ドル台まで暴騰したのを受け、極めて異例の取引停止措置に踏み切った。取引再開は最短で11日の金曜日になる。市場関係者には、取引が再開されても流動性が戻らず、相場の上昇基調は続くのではないかと警戒する向きもある。






おすすめ記事(一部広告含む)