2022年3月24日

LMEニッケル 2週間ぶり取引正常化

 ロンドン金属取引所(LME)のニッケル取引が2週間ぶりに正常化した。現地22日の3カ月先物(3M)のセツルメント(前場売値)は前日比4・4%安のトン3万ドルと、取引再開以降で初めて値幅制限(15%)に収まった。22日の取引は出来高も伴い、ニッケル市場の混乱はひとまず収束したもよう。市場関係者からは、相場の急騰・急落リスクも後退したのではないかとの見方が聞かれる。

おすすめ記事(一部広告含む)