2022年5月13日

23年3月期 UACJ、経常益51%減

UACJは12日、2023年3月期の連結経常利益が前期比51・2%減の255億円になりそうだと発表した。エネルギーコストや添加金属価格の高騰を予想する一方、販売価格への転嫁と新価格体系への移行はプラスに働くとみる。国内は半導体製造装置向け厚板の堅調な需要を想定。海外もアルミ缶や自動車分野の販売増を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)