2022年5月19日

日本電解 電解銅箔今期1.1万トン計画

 日本電解は、2023年3月期(今期)の電解銅箔生産計画を1万728トン(月平均894トン)としている。前期からは1208トン(10%)減少する見通し。半導体不足や3月に東北地方で発生した地震により、一部顧客向けの販売が足元にかけて大きく減少していることが影響。電力価格上昇などで製造コストも上昇しており、今期は販売拡大と採算改善の両面に力を注ぐ。
おすすめ記事(一部広告含む)