2022年6月15日

UACJ 印刷用アルミ板増産

中国リスクから印刷版の調達が国内に回帰している。UACJの名古屋製造所は今期、印刷版向けアルミ板の生産を前期と比べて約1万5000トン増やす。上海ロックダウンなど中国で調達が不安視されたことから、日本製の需要が増えている。4月以降、受注が増えており、生産設備の調整から10月以降に安定した供給を行える体制が整うとみられる。






未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)