2022年6月15日

LME非鉄が全面安

週明けのロンドン金属取引所(LME)の非鉄相場は全面安となった。5月の米消費者物価指数(CPI)が約40年ぶりの大幅な上昇率だったため、物価上昇はピークを打ったと期待していた市場心理が一変した。インフレ高進は非鉄相場の下支え要因だが、インフレ抑制に向け積極的な利上げを行えば景気を冷やしかねない。ドル高の進行や中国が再びロックダウン(都市封鎖)することへの懸念など他の弱材料もくすぶる。当面の非鉄相場は調整を余儀なくされそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)