2022年7月6日

銅スクラップ 7―9月長契数量は横ばいから一部減少

伸銅、銅箔、製錬メーカーなどと原料問屋、商社が結ぶリサイクル原料(銅スクラップ)の長期購入契約で、7―9月期の数量は4―6月期比で横ばいから一部減少となった模様だ。一部銅箔メーカーは1号銅線や銅ナゲットの増量を要請したが、問屋サイドが深刻な発生不足を考慮して応じず、数量はおおむね横ばいで決着した。黄銅棒原料も変化なし。銅管や製錬メーカー向けは一部で数量減となった。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)