2022年7月13日

三菱マテリアル 耐火プラ製品開発へ

 三菱マテリアルは13日、火炎に接しても燃えず、溶け落ちにくい耐火プラスチック(樹脂)製品の開発に着手したと発表した。軽量でありながら従来品より耐火性に優れ、発火時の火炎の広がり防止に役立つ。射出成形でき、成形しやすいことも特長。リチウムイオン電池(LiB)ケース材料に同製品を用いれば、LiBセルの1つが発火しても隣接するセルへの延焼を防ぐ。電気自動車のLiBのふたに使用すれば、車体が火災に見舞われてもLiBの発火・爆発の防止が見込める。発火の危険があるLiB周辺などでの活用が期待される。

おすすめ記事(一部広告含む)