2022年7月14日

古河電池 新中計で180億円投資

古河電池は2025年度(26年3月期)までの4カ年中期経営計画期間の設備投資額を連結で約180億円と想定する。既存事業の設備の補修や改善、更新のほか、25年の量産開始を予定するバイポーラ型鉛蓄電池、ドローンなどに使われるリチウムイオン電池(LiB)など新規の戦略商品に重点的にも投資。自動車市場が拡大するタイとインドネシア拠点の増強や環境関連の投資も引き続き推進する。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)