2022年7月19日

電線太径化設計「ECSO」滋賀物流倉庫で初採用

環境に配慮した電線サイズ設計「ECSO(エクソ)」がこのほど、太陽光発電(PV)の自家消費システムに初めて採用された。松井建設(本社=東京都中央区)が滋賀県内の大型物流センターにおいて、オンサイト型PPA(第三者保有電力購入契約)モデルの事業運営を開始。日本電線工業会のホームページ掲載の自動計算ソフトを用いて設計した電力ケーブル(CVT)が適用された。投資回収年数は6・4年の見通し。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)