2022年7月1日

電線太径化JIS制定 広域エリア送配電に期待

環境に配慮した電線サイズ設計がこのほど、JIS規格(日本産業規格)に新たに制定された。銅導体サイズを太径化して通電ロスを最大2%低減し、省エネやCO2削減でカーボンニュートラルに貢献する手段として期待されている。これまでの実証実験では広域エリアの送配電で効果を発揮しており、メガソーラーを活用した空港や物流倉庫などで採用に向けた動きが始まっている。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)